面影 book&craft

Earl of East / Wildflower キャンドル

販売価格 価格 ¥3,870 通常価格 単価  あたり 

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

ジャスミン、クチナシ、ローズゼラニウムのブレンドは、フレグランスシリーズの中で最も伝統的な香りです。 Paul Firminが幼少時代に過ごした、イギリスの田舎にある祖父母のイングリッシュガーデンからインスパイアされました。甘く華やかな花の香りは、燃焼とともに明るさと穏やさを広げてくれます。

〔Inspired by〕イギリスの田舎の庭園
〔Scent Notes jasmine, rose geranium, gardenia
〔内容量〕170ml
〔素材・成分〕ソイワックス100%(化学合成香料不使用)、芯:天然コットン
〔原産国〕イギリス
〔燃焼時間〕35〜40時間

 

<Wildfloweの記憶(Paul)>

Wildflowerは僕の子供時代にイングランド北東部で祖父母と過ごした思い出にインスパイアされています。

僕の祖父母は世界一キュートなカップルでした。
僕が覚えている限り、彼らは毎日の日課を欠かしませんでした。家族や友人たちが決まった日に訪れ、毎回同じ料理が美しく用意され、日々が過ぎていっていました。
彼らは自宅とガーデニングに日常の時間を費やしました。それが彼らの楽しみであり誇りだったのです。
そして彼らはこう言いました。「家こそが心の宿る場所である」と。

退職後に過ごした家は5人の子供たちと14人の孫たちが心のよりどころだったそう。
僕たちは皆、祖父母が住む2階建ての小さな家に押し寄せてはキッチンや庭で過ごし、お互いの話に耳を傾けて過ごしました。

今、僕たちが恋しく思っているのは、その笑い声でいっぱいの小さな場所です。
その家は謙虚でも素朴な良さがあり、庭は小さいけれどきっちりと整えられ、花が一年中咲いていました。
祖父がガレージのわきに植えたプラムとリンゴの木は、収穫の季節になると祖母が採りパイを焼き、皆にふるまいました。

冬には祖母は僕が前日に頼んだ朝食を作り、起こしてくれて、僕はそれを食べながら、 祖母がまいた種やパンくずを鳥のロビンが食べに来る光景を毎日見ているのが好きでした。

祖父母の家は僕の家から歩いて5分のところに住んでいたので、 暇さえあれば祖父母の家を訪れ、 長い夏休みもずっとそこで過ごしていました。

大家族ということもあり、僕はひとりの時間が好きで、 ガーデニングのテレビ番組をみたり、ひとりキッチンテーブルで何時間も絵を描いたりして過ごしていました。あのキッチンで過ごした日々を今でもよく思い出します。
たわいもないことを話したり、祖母が料理するのを見たり、祖父が種から植物を育てるのにつきあったりと。祖父は家族に収穫したものをシェアするのが大好きでした。

僕と祖父母の絆、ニコとニコの祖父母の絆、それぞれの絆が当時カップルになったばかりの僕たちを強く引き合わせ、それぞれの家族、祖父母との絆は、僕たちにモノづくり、食べ物、そして香りに興味を持たせたのです。

だから、僕たちがキャンドルを作ったとき、それぞれが自分の祖父母を祝福する香りを作るのは当然のことでした。(Nicoの記憶は「Greenhouse」へ。)

祖父母の影響なしで、 このような今の運命には成らなかったかもしれない。

Wildflowerはジャスミン、ガーデニア、ゼラニウムのフローラルな香りで、 いつでも僕たちを祖父母の家とそこでの思い出の中に連れて行ってくれるのです。

Hand-poured in East London the Wildflower candle reminds us of an English country garden. A bespoke blend of jasmine, gardenia and rose geranium this is the most traditional scent profile of the Earl of East home fragrance range.