News

Exhibition No.6 : オモカゲファーマシー

Exhibition No.6 : オモカゲファーマシー

2022年12月3日(土)〜25日(日)の毎週末土日、東京・下北沢にある月と暮らしとハーブのお店「マヒナファーマシー」のポップアップショップを開催します。今年の2月に開催しご好評だった「オモカゲファーマシー」の第2回目の企画になります。 前回は2日間だけの開催でしたが、今回はプロダクトの販売は継続して行ないます。   マヒナファーマシーとは   マヒナファーマシーは、ハーブやアロマを中心に心身を健やかに保つためのセルフケアアイテムやオリジナルプロダクトを東京・下北沢の実店舗やオンラインショップ、さまざまな場所でのポップアップなどで販売しています。 また、シュタイナー、フラワーエッセンス、陰陽五行、ケルト文化など、宇宙や自然界と共鳴する力を育むための知恵を伝えるワークショップや講座を開催するなど、体と心両方のアプローチから現代を生きる私たちのバランスを取り直してくれる、「まちの薬局」のような場所です。 面影 book&craft でのポップアップでは、「オモカゲファーマシー」としてオリジナルプロダクトを一緒に製作しています。   今回のオモカゲファーマシーは?   マヒナファーマシーが扱うハーブやアロマなど自然由来のセルフケアアイテムやオリジナルプロダクトを中心に、私たちの心身に優しく穏やかに働きかける商品を販売します。また、菅平高原でバイオダイナミック農法でメディカルグレードのハーブを栽培し、スキンケア製品を作るハイランドレメディーズの商品もご紹介予定。   さらに今回も「オモカゲファーマシー」オリジナルプロダクトとして、信州の土地のエッセンスを使った私たちの冬の体に呼応するアロマスプレーとロールオンアロマをローンチします。 omokage iyu 太陽の記憶 癒ゆ(iyu)とは、回復する、いえるという古語。 私たちは信州の晩秋の輝きがとても好きです。 オモカゲファーマシーオリジナルプロダクト「omokage iyu 太陽の記憶」は、この信州の晩秋にふりそそぐ温かみがあり少しホッとできるような輝きの感覚をみなさんにお届けしたいという思いから生まれました。 秋から冬へと移り変わる季節の空気は少しひんやりしていますがオレンジ色のベールのようにふりそそぐこの時期の陽射しの輝きは一年間頑張ってきたココロとカラダをときほぐしてくれるような優しさがあります。 たとえば一年間が一本の映画だとしたらそれはまるでエンドロールを感じさせるひと時のようです。 この感覚を「オモカゲファーマシー」を一緒に企画している東京・下北沢のマヒナファーマシーさんにお伝えして形にしていただきました。 原材料には信州が誇る高原の一つでもある白樺高原に自生する白樺をベースに成分を抽出する際の水には、全国有数の黒曜石の原産地でもある和田峠の『黒耀の水』の湧水を使って「omokage iyu 太陽の記憶」は作られています。 光のベールに包まれるような安心感と一年間頑張ってきた自分のココロとカラダを“癒ゆ”するようなプロダクトを是非お試しください。self healing...
続きを読む