面影 book&craft

ははとははの往復書簡

販売価格 価格 ¥1,870 通常価格 単価  あたり 

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

ははとははの往復書簡 / 著者・長島有里枝、山野アンダーソン陽子 / 晶文社


写真家の長島有里枝さんと、ガラス作家の山野アンダーソン陽子が日本とスウェーデンという言葉も文化も異なる場所からの文通をまとめた往復書簡です。

お二人ともお子さんがいらっしゃるということで、話題は子育てなどから対話がスタートしています。

共通するテーマについて話をしていますが、対談ではないのですぐに投げかけた問いに答えや反応が返って来ないのが文通の面白いところ。そういった手紙と手紙の間の余白なども感じ取れるような構成となっています。

生きている環境も大きく異なっているので、何か劇的な解決策が生まれるわけではないですが、誰かに聞いてもらえることの大切さを感じ取れることでしょう。


アーティストとして、コロナ禍の生活、政治について、親との関係性、自然との向き合い方、歳をとること……。 噛み合わなくても、共感できなくても、対話はできる。年齢も住む場所も考えも違う二人が、正直に自分の言葉で対話を重ねていく往復書簡です。


子育て中の方は、共感することの一つや二つ見つけられることでしょう。


長島有里枝(ながしまゆりえ)
東京都生まれ。1993年、武蔵野美術大学在学中に「アーバナート#2」でパルコ賞受賞。1999年、カリフォルニア芸術大学ファインアート科写真専攻修了。2001 年、写真集『Pastime Paradise』(マドラ出版)で第26回木村伊兵衛写真賞受賞。2010年、短編集『背中の記憶』(講談社)で第26回講談社エッセイ賞受賞。2020年、第36回写真の町東川賞国内作家賞受賞。2015年、武蔵大学人文科学研究科前期博士課程修了。主な個展に「そしてひとつまみの皮肉と、愛を少々。」(東京都写真美術館、2017年)、「知らない言葉の花の名前 記憶にない風景 わたしの指には読めない本」(横浜市民ギャラリーあざみ野、2019年)など。日常で感じる違和感を手がかりに、他者や自分との関係性を掘り下げる作品を制作する。


山野アンダーソン陽子(やまのアンダーソンようこ)
1978年、日本生まれ。ガラス作家。食器デザイナー。2001年よりガラス産業のメッカでもある南スウェーデンのスモーランド地方、フィンランド、ベネチアにてガラス製作技術を学ぶ。2004年、Konstfack(国立美術工芸デザイン大学)セラミック・ガラス科修士課程在学を機にストックホルムに拠点を移し、現在グスタブスベリにアトリエを構え、ガラス制作の活動の場としている。2011年、ストックホルム市より文化賞授与。2014年、スウェーデン議会が作品を貯蔵。EUのみならず、イギリス、セルビア、日本などでも作品を発表し、ライフワーク「Glass Tableware in Still Life」の活動にてガラス食器のあり方を多方面から表現思考する。