west mountain books

mahora 第4号

販売価格 価格 ¥4,180 通常価格 単価  あたり 

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

発行:八燿堂 / 編集・発行人:岡澤浩太郎

 

mahora(まほら)」とは、美しい場所、すぐれた場所を意味する古語。

4号目の内容は以下のとおり。

―――――

目次

[新連載]Memoriae 第一回 パピーとコロラドハムシとトウゴマ

ジョアンナ・タガダ・ホフベック=文・アートワーク
金沢みなみ=翻訳・編集協力

絶望、のち、島暮らし

UA=インタビュー

いのちといのちの、これから

稲葉俊郎=インタビュー

フォレストガーデン――すべての命が豊かな場所

大村淳=談

アイ・アム・スティル・アライブ――病との3000日の日常から

花代=文・写真

生と美の遺産――アマゾン先住民の「共生」

山口吉彦=インタビュー
山本康平=写真

誰もが自分を生きるために NVC――非暴力コミュニケーションから

鈴木重子・安納献・ソーヤー海=インタビュー

石徹白(いとしろ)――命がつらなる風景

平野馨生里=文

本が残る/本を残す――本の歴史と修復の現場から

岡澤浩太郎=取材・文

[連載]食と芸術についてのノート 第四回「いただきます」の神話学

石倉敏明=文

[今号の結び]にな結び

関根みゆき=文

編集後記

寄稿者プロフィール

―――――

 

今号も全体をとおして、人間は自然や、連綿と流れてゆく膨大な時間のなかでの意識と切り離して生きていくと、やがてどこかでひずみとなって返ってきてしまうのだな、と感じさせられるような内容でした。

そうした違和感を敏感に察知した人は、住む場所を変えたり、暮らし方を変えたり、なにしかしらの行動を起こしている。

今号に登場する方たちは、変化を受け入れ、行動し、自分の頭で考えていたり、人間本位な視野を持たず、自分と自然や歴史とのつながりを持とうとしていて、はっと気づかされる言葉がたくさん出てきます。

私がとくに印象に残った言葉は、UAのインタビューページで、

「常に新しくありたい、自分を新鮮に感じていたい」というのが私のモットーなんですが、いよいよそれをあからさまにされたというか。

 (―14Pより引用)

自分の過去や価値観、環境に無意識に縛られている人がどれだけ多いか。

こんな大変化の時代に、変わらないほうが波に乗れていないのではないか。

読むと心がふわりと動くような感覚になります。

やはり人の言葉を聞く(読む)のって、新しい視点や発見を与えてくれていいものです。