west mountain books

一汁一菜でよいという提案

販売価格 価格 ¥1,320 通常価格 単価  あたり 

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

『一汁一菜でよいという提案』 著者:土井善晴 / 発行:グラフィック社
※こちらの書籍は古本での販売です。 

食事はすべてのはじまり。
大切なことは、一日一日、自分自身の心の置き場、
心地よい場所に帰ってくる暮らしのリズムをつくること。
その柱となるのが、一汁一菜という食事のスタイルです。


料理研究家として土井善晴さんの本と聞けば、多くの方は料理のレシピ本と思うかもしれませんが、この『一汁一菜でよいという提案』はレシピ本ではなく、そもそも私たちが普段から何気なくそして絶対に必要不可欠な「食べる」ということについて土井善晴さんの考えがまとめられています。

読み進めていくと、「食」というのは全ての事柄の基本になっていて、積み重ねられた「食経験」は、自分自身の生活していく上でのある種の基準となっているということが分かってきます。そして、それが同じ国土で生活する人たちの基準として集まれば、日本人特有の美意識や粋さにも繋がっていき、「文化」へと昇華されていくことが感じられます。

こういう「食」への考え方や捉え方がまとめられている一方で、それを実践していく術として、土井さんが提唱しているのが「一汁一菜」。というよりもどんなに忙しくとも、お味噌汁は必ず作ろう!という提案です。

読み終われば、お味噌汁がいかにバランスの良い食べ物だったのか、ということが分かります。そしてそのお味噌汁が日本人的な食べ物であることが理解できるはずです。

生活を整えたい方におすすめの一冊です。

<目次>
・今、なぜ一汁一菜か
・暮らしの寸法
・毎日の食事
・作る人と食べる人
・おいしさの原点
・和食を初期化する
・一汁一菜からはじまる楽しみ
・一汁一菜の実践
(「一汁一菜でよいという提案」もくじより)