面影 book&craft

誰もいない場所を探している

販売価格 価格 ¥990 通常価格 単価  あたり 

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

誰もいない場所を探している / 著者・庄野雄治 / mille books



徳島のコーヒー屋として知る人ぞ知る『aalto coffee』。

僕はこのコーヒーを東京・吉祥寺にあった『moi』というフィンランドを切り口にしたカフェで飲んだのが最初の出会いだった気がします。銀のパッケージにラベルが貼られており他のコーヒーと一線を画した佇まいに豆もそのカフェでジャケ買いしたことを思い出します。


本書はそんな『aalto coffee』店主の庄野雄治さんが、お店を立ち上げ営んでいく中で日々感じていることやトピックに対する37のアイデアがまとめられています。お店を営んでいる方や自営業の方、はたまたフリーランスの方はここに書いてある内容にうんうんと唸りながら共感し、そして小さな勇気をもらえることでしょう。

そしてこれから開業しようと思っている方、もしくはそれ以外の方たちも一読すると自分の価値をどのように相手に届けるのか、ということを自分事として考えるキッカケになるはずです。


庄野さんの文章の中で出てきた「自分の生活範囲が自分の世界」という言葉が個人的にはすごく響いていて、それが本書のタイトルになっている「誰もいない場所(本当に誰もいないということではなく、自分の世界という意味なのかな。)」なのだろうと思いました。


コーヒーをお供にご一読を!


<目次>

会社員のすすめ
夢はなくったっていい
お金を持っていますか
どちらがいいと決められるほど単純じゃない
名前は大切
私にはあの店が必要だ
お客さんを見て生きていく
全力でやらなきゃと思ったことは向いてない
箱庭の自由
安心できる見た目も大切〔ほか〕




庄野雄治

コーヒー焙煎人。1969年徳島県生まれ。大学卒業後、旅行会社に勤務。2004年に5キロの焙煎機を購入しコーヒーの焙煎を始める。2006年徳島市内に「aalto coffee(アアルトコーヒー)」を、2014年同じく徳島市内に「14g」を開店。著書に『コーヒーの絵本』(平澤まりことの共著/ミルブックス)、『はじめてのコーヒー』(堀内隆志との共著/ミルブックス)、『たぶん彼女は豆を挽く』(ミルブックス)がある。