面影 book&craft

宇宙の子 COSMIC CHILDREN Vol.2

販売価格 価格 ¥2,200 通常価格 単価  あたり 

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

宇宙の子 COSMIC CHILDREN Vol.2 / 著者・武山直生 / ショップ武山

特集「シュタイナー」

『宇宙の子』は、子どもを通して大人が学びを得る本です。
ー子どもと過ごす時間は、新しい気づき、発見、喜びに溢れている。
それは僕たち大人が、忘れかけていた人間性を取り戻す時間でもあるー

そう書き出しに綴った創刊号は、2021年6月21日、夏至に刊行。

第二号目となる今号の特集は「シュタイナー」。
家庭菜園で自然農を取り組んでいるので、この「シュタイナー」という言葉は、農業の角度からは何度か聞いたことがありました。
“22世紀の哲学者”とも言われるルドルフ・シュタイナーが提唱し、普及させた教育現場での実体験などが親目線で語られていて、自分が子どもだった時にこのような体験や経験をしたら、一体今どんな感性を持った大人になっていたのだろうかと想像が膨らみます。

本書は教育のことだけがまとめられている訳ではありません。
普段あまり意識していない、「発芽」についてや人間の感覚機能の「色彩」についてもまとめられています。「色彩」のコラムでは、草木染めでは自然の植物を煮出したりして染色するのに、草木の緑には、絶対ならないという不思議さに改めて目から鱗な読書体験でした。

僕も含め大人はよく世の中を知った気になっていますが、まだまだたくさん知らないことで溢れていることがよく分かります。子どもも大人も元を辿れば地球に生まれた宇宙の子なのだということを改めて考えさせられる一冊です。

 

 

[Contents]
✓BIRTHDAY なのはな園の誕生日会  
協力:松浦 園(日本シュタイナー幼児教育協会 代表理事)、撮影:新津保建秀(写真家)

✓SEED 発芽を見守ること  
語り:竹村眞一(文化人類学者)、挿絵:生平桜子(画家)

✓COLOR ゲーテの色彩論を巡って  
寄稿:志村昌司(アトリエシムラ代表/芸術学校アルスシムラ講師)

✓A BEAUTIFUL THING 子どもが教えてくれた、美しいこと  
インタビュー:UA(歌手)

ほか

 

[Information]
特集:シュタイナー
発売:2022年3月30日
判型:B5 頁数:本文48頁
表紙写真:新津保建秀
表紙刺繍:星 実樹
デザイン:須山悠里
発行人:武山直生