面影 book&craft

【5/18(土)イベントチケット】赤阪友昭さん お話会 『ファインダー越しの世界』

販売価格 価格 ¥2,200 通常価格 単価  あたり 

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

赤阪友昭 写真展『ポルトレ - 地上を旅する星たち -』の開催に合わせて、赤阪友昭さんとのお話会を開催します。

世界を旅し、大地と宇宙を大切にしている先住民や遊牧民などの写真を撮影していく中で、この世界のすべての命を支えているのは「個」と「個」の間に満ちている「関係性」 なのだという考えに辿り着いた赤阪さん。

今回のお話会は『旅』と『写真』を中心にお話を伺っていきます。

赤阪さんのファインダーを覗き込むような時間になればと思っています。

※こちらのお話会は、面影 book&craftのポッドキャスト『面影飛行』の公開収録も兼ねています。

 

赤阪友昭
米国チュレーン大学法律大学院修士課程修了後、米国国際会計事務所、国内法律事務所勤務を経て、阪神淡路の震災を機に写真界へ異色の転身。狩猟採集や遊牧を生業とする先住民や遊牧民の生活やそれを支える精神世界に魅せられ辺境への旅をはじめる。

雑誌やメディア、国立民族学博物館など公共施設での写真展やプログラム制作などに作品を提供し、国際文化交流プロジェクトの企画·実施、写真ギャラリーの運営など活動は多岐にわたる。東日本の震災後は、福島県の立入制限区域内で撮影を続け、福烏県南相馬市と短編映像「水の記憶、土の記憶」を共同制作する。

映画関係では、ドキュメンタリー映画 「新しい野生の地—リワイルディング」(オランダ)の日本語版を制作し、全国で劃場公開。2022年には、「星への祈り」をテーマにしたドキュメンタリー映画『銀鏡 SHIROMI』を制作·監督し、全国にて劇場公開。本作品は、東京ドキュメンタリー映画祭において人類学・民俗映像部門でグランプリを受賞している。

 

赤阪友昭さん お話会 『ファインダー越しの世界』

開催日:2024年5月18日(土)
時間:13:00 - 14:30
料金:2,200円(税込)※ワンドリンク付き
定員:15名
予約方法:
本ページよりオンラインチケットをご購入してください。
事前決済・予約制となります。
※事前決済が難しい場合は当日支払いもお受けいたします。店頭・ メール (hello@omokagebnc.com) にてお問い合わせください。

 

※当日のキャンセルについてはご返金致しかねます。ご了解ください。

x