west mountain books

整体対話読本 ある

販売価格 価格 ¥2,035 通常価格 単価  あたり 

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

著者:川﨑智子・鶴崎いづみ / 出版社:土曜社

野口整体を学び、現在は「と整体」を主宰する整体指導者の川崎智子さんと、オルタナティブスペースの運営や、出版「観察と編集」などの試みをおこなっている鶴崎いづみさんが、整体を主軸に「気」「感覚」「仕事」「虚」「人」というテーマについて話をし、まとめた対話集。

対話集なので読みやすく、整体とは…、気とは…、という小難しい概念は割愛され、整体指導者・川崎さんがこれまでの人生体験を交えながら、目から鱗のような視点で体と心にまつわるお話をされています。

本書を読んで私にとって大きな気づきとなったのが、「自分の体と心を、ジャッジせずにただ観察する」という行為について。

風邪を引いたり、気持ちが落ち込み鬱っぽくなったり…、日々めまぐるしく変化する自分。私の場合は油断すると自己否定感や虚無感があらわれたりします。

でも、ネガティブ、ポジティブに関わらずどんな症状にだって意味があり、必要なこととして起こる反応であって、それをただ感じて、受け止めてあげるだけでいいのです。

不調が出ることに対してネガティブなイメージを抱いたり、なんなら自分を否定したりすることもあるけれど、それは自分の中にある記憶や思い込みから発露するものであって、大きな視点で考えれば運動や動作の一部でしかないのだ、と一歩下がって自分を観察することができれば、深いところまで落ち込むことはなくなります。

私はこれまで、どれだけ感情や思い込みに振り回されていたんだろう…!
これからは、自分にとって動揺するような出来事が起きても、まずはその状態をじっと観察すること。
それから、「落ち着いて、私…!」と一歩下がったところから自分に声をかけてあげること。
体からの訴えを忠実に聞き、整体をとおして体に関わる知恵をもっと深めることができたら、自分自身がより元気に過ごせるのではなかろうか、と本書を読んで感じました。

もっともっと川崎さんのお話が聞いてみたい!整体を教わってみたい!と思う本です。

新しい視点で自分自身と向き合いたい方に、おすすめです。